(有)梓工務店 石場建て伝統構法土壁の家

 

"石場建て"で建てるこだわり

 

伝統構法の定義のあいまいさ

伝統構法の定義のあいまいさ
 

プレカット工法全盛の時代です。

 

伝統構法の定義がいよいよあやしくなって来ております。

 

色々レベルの差はあるんでしょうけれど、
 
ひどいのは単に大工さんが手刻みしたもの
 
伝統構法と言っている人達もおられます。
 
私共が提唱しているのは
 
石場(石端)建て足固め構法
 
でなければ伝統構法とは言えないと日頃より言っております。
 
それは、木のめり込みを最大限に利用する がそこにあるからです。
 
単純に云って、コンクリート立ち上がりの基礎があり、土台はその基礎に
 
アンカーボルトで緊結されている型。
 
この型はとりもなおさず地面が動き、家だけが相撲の技で云う「ケタグリ」をかけられた時
 
その加速度=土台の上の加速度となります。
 
よって、その上に柱をホゾで乗せている型では、そのホゾと柱の土台面への
 
接地力でしか加速度に対応しえない型
 
となります。
 
ですから、柱と土台と横架材に構造用合板を貼り、
 
釘で止めつける型を取らざるを得ないわけです。
 
 
在来軸組みの家が地震に弱くなった最大の原因は
 
コンクリート立ち上がり基礎にあると私共は考えています。
 
 

 昭和25年建築基準法が制定され、壁の耐力が全ての家の耐震力と規定した時に、
 
 
壁量計算の根拠を導き出す為にどうしても
 
固定する
 
ということが必要となり
 
その為に『仕様規定』なるものを制定し、
 
布基礎土台・アンカーボルト・耐力壁等を一対のものとしてしまいました。そのかわり、
 
構造計算は不要
 
という便宜を我々に与えられたのでした。
 
今、思いますとこのことが木造軸組みの衰退の始まりでした。
 
この道理が正しければ、木質パネル工法や2×4工法が強い家の代表になっていかざるを得ません。

この仕様規定に威張られた確認検査制度が全国に浸透していく過程の中で、
 
『石場(石端)建ての建築』は歴史の片隅に追いやられて行くこととなります。

木造軸組みのネバリを最大限に利用する型、それは
 
『石場(石端)建て足固め構法』
 
しかないのです。
 
この構法で確認申請を通すとなると、振動理論の木造設計をして適合判定 が必要となります。
 
この型が日本の家の 真の姿 です。
 
『たとえ困難であっても日本の家屋の姿を取り戻すこと』
 
実はそれが私共を含めた研究者達の耐震の考え方の根底にもなっていると思います。
 
 
石場建ての家
湖北の古民家を手解体した構造材を、新築の木組みに組込んで新築した、石場建て伝統構法の家です。木組みだから家ごと移築や組み込んだ設計ができるのです。
 
石場建ての家 自然石
自然石を使った石場建ての家です。礎石の下は大小様々なグリ石(岩石を割って小さなかたまりにした石材)を叩き締めています。地震力を受け流せるのは、この石場建ての伝統構法の家でしかないのです。竹小舞下地の土壁も必須です。
 
石場建て伝統構法の家 
木と土の家、間取りも素材もシンプルにつくって、シンプルに暮らす家づくり。
 
中二階の石場建ての家
中二階の石場建ての家です。
<<有限会社 梓工務店>> 〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下龍華町491番2 TEL:077-598-8005 FAX:077-598-8018