石場建て伝統構法土壁の家の実績40棟以上 ぜひ実物をご堪能下さい。(有)梓工務店です。

 

伝統工法とは

   
 
伝統構法で家を建てる
 

 

 

  地震の力は地面の質で伝わり方が変わります。 地盤を知ることで建物への伝わり方を知る。

 

 

     理想は田の字型。  形、荷重、耐震要素、木組みの組み方など、建物が揺れた時や建物の重さがきれいに伝わるように家の形を考えます。

 
三、家族みんなで考える家づくり

 

     家族が過ごす場所、帰る場所、さわやかな朝を迎える場所、家族を守る場所づくりを、ご家族の皆様と一緒にお話しながら、設計していきます。

 

 

     木組みの家や石場建て伝統構法の家の暮らし方や造り方など、見るのが一番です。 季節ごとの室内環境や、日ごろのお手入れや暮らし方、5年、10年・・後のメンテナンスのことなど、建てた家を見学して頂くことで、体感でき、暮らしの色んな生のお話を住んでおられる方々が話してくださいます。

 
五、建ててからが始まる家づくり

 

     家は家族の一部。 だから生きた素材を使い、呼吸できるように造ります。 自然の素材には同じものがありません。 割れたり、隙間があいたり色々あります。 自然素材の性質を知ることで、メンテナンスの方法などもわかり、安心できると思います。 家も家族と一緒に暮らすことが家づくりだと思います。

   
077-598-8005
<<有限会社 梓工務店>> 〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下龍華町491番2 TEL:077-598-8005 FAX:077-598-8018