(有)梓工務店 石場建て伝統構法土壁の家 構造設計に基いた古民家再生の専門工務店です。

 
   
木造伝統工法石場建ての住宅
 
伝統工(構)法で建てる家
 
 

滋賀県大津市にある梓工務店では、伝統工法による木造の新築・改修・古民家再生・町屋や店舗の設計施工をしています。伝統軸組み工法の構造計算限界耐力計算法による耐震設計や、木造の耐震診断士による診断も随時受け付けています。日本の気候・風土に合う住まいづくりは、日本古来から伝わる建築の中で数多く考えてつくられています。その考え方や技術を学び、継承向上していくと、日々試行錯誤しながら建て続けています。我が家に誰もが集まる場所を合歓の間と呼んでいます。世代を超えた家族が、遠慮や気兼ねなく思いやりや気遣いのある生活ができる場所です。そんな”我が家”に住む人々が健康で安心な生活が永く続けられるだけの健康な住宅を建築しなければならないと考えています。だから、石場建て足固めの伝統構法・土壁の家を建てています。伝統構法石場建ての建物の特徴は、基礎が石であることです。石の上に柱が直接のっているだけです。なので、地震が来たらずれないか?と思われます。地震は地中で発生し、地中を伝わり建物に影響を及ぼします。地面の硬さなどによって地震の揺れ方が変わり、その揺れが建物に伝わった時、建物の種類で揺れを低減できたり、増幅したりします。そのことを数字で表すことができるのが、「限界耐力計算」です。

伝統構法石場建ての建物は、石と土壁と木組みでできています。地震が起きた時、ゆがんだりめり込んだりひび割れたりして地震の力を低減します。つまり、みんなが少しづつ壊れることで、全体の強さになっていきます。ただ、木の組み方、土壁などの耐力要素の配置や数量のバランスが整っていないと、弱い部分に負担が集中し、崩れてしまいます。又、連続して大きな力が加わると弱くもなっていきます。このことから、耐震を考える時は、地盤の特性と建物の特性を合わせて設計していかなければならないのです。

はいうもの、長く住み続けるためには、「暮らし方」が一番大切になってきます。体も建物も健康であるためには、気持ちよく呼吸できることを考えていくことです。木造の建物は、様々な構法、素材が使われています。どの素材も呼吸を止めてしまうと朽ちていきます。土壁や木は、通気さえできていれば、猛暑の蒸し暑さや梅雨時の部屋干しなど平気です!又、土壁に蓄熱する効果があるので、全体が温まると心地いい温度が保たれます。さらにタバコや焼き肉の臭いも、土壁が消臭してくれます。だから、石とで造る伝統構法石場建ての家を建て続けています。家も家族の大切な一員として、長く住み続けて家と共に育んで頂きたいと思います。

 

石場建ての家づくりの動画

石場建ての家づくりの動画
 
 
 
 
  絵本『もとこちゃんの家づくり』より、
  石場建て伝統構法の家づくりをお楽しみ
  くださいませ。
 
【ニュースミニ】京都伝統技術を科学する 第四回 伝統構法による建築
 釘やボルトを使わず、木材を組むことで家を作り上げていく、「軸組」という伝統構法の­最大の特徴は「弱さ」を逆手にとった耐震性です。木には、捻じれや引っ張る力には強い­が、突然の衝撃には弱い、という特性があります。「軸組」による家は、家全体が地震に­よる衝撃で歪むことで、逆にそのエネルギーを逃がすのです。
「軸組」による家づくりを行っている伊東さんが、特にこだわっているのが、「石場建て­」と呼ばれる構法です。基礎を築かず、家を石の上に置くことで、地震時に家全体が石の­上で微妙にずれ、地震のエネルギーを分散します。地震国日本で生まれた、先人の知恵で­す。
             
 

昔から伝統構法の家づくりをしています。

昔から伝統構法の家づくりをしています。
 
梓工務店の家づくり
<<有限会社 梓工務店>> 〒520-0363 滋賀県大津市伊香立下龍華町491番2 TEL:077-598-8005 FAX:077-598-8018